So-net無料ブログ作成

冷房効率アップ! [カバー・袋]

 

今年もようやく暑くて長~い夏のトンネルの出口が見えて来たかな?

まだまだセミがうるさいですが・・・何でもいいですけど、

夜中に近くの木にとまって泣き出すのは勘弁ですよ。[爆弾]だいたいセミは・・・

 

 ・・・今日は、セミの話じゃなかったですね。

 

 溶剤プリンタの置いてある部屋は2面がガラス張りなので、

毎年かなりの暑さに悩まされます。

しかも、オペレーションPCはエアコンから遙か彼方・・・

スタッフはんがぁ、


『もうやってられまへん!勘弁しておくれやす!』

と京都弁?で言ったかどうかは知りませんが、

試しに余り生地で送風ダクトを作って(縫製して)みました。

・・・・・・どうせ途中で生ぬるくなっちゃうだろうな、、、と思いつつ。

 

 まずはエアコンの吹き出し口、 

P1140056.JPG 右半分だけ頂きます。

そして ヘビヘビ~ P1140061.JPG 

 

結果は・・・・ 

 

す、すずしいかないや涼しいよ、涼しいしコレ!! ( “ し ” はやめましょうよ )

こ、こ、効果あるじゃないですか!!!

 

ここにプリンタを置いて15年?、なんで今まで・・・。

 

去年、排熱対策やったときに一緒にやればよかったじゃん!

 おばあちゃんがP1130050-2.jpg P1130051-2.jpg 峰不二子になるヤツを作った時に・・・

 

流体力学のことはよくわからないので、せめて、

・吹き出し口の面積よりダクトの断面積が小さくならないように

・途中で折れたりシワにならないように

・風圧が足りないので、しぼまないように軽めの生地で

 

 などを配慮して製作しましたが、まあ、いいみたいですね。

 

 さてさて、

こんなものでもCADでカーブやヒネリをきちんと設計して、裁断図をおこすとなかなか面白いです。

こんどは螺旋・・・“DNA”・・・縫ってみるかぁ?

 

おまえの遺伝子大丈夫か?・・・と言われそうな ⇒⇒⇒ 株式会社シティクラフト

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。